ニキビ予防

ニキビを予防する方法

「ニキビは青春のシンボル!」という時代は終わり、今は男女ともに透き通るようなお肌が当たり前の時代になりました。

 

ニキビ化粧品も沢山販売され、にきび悩まれる方も相当減っているはずです。

 

ところが、実際にはニキビに悩まれている方がとても多いことにビックリしています。

 

これだけ多くのニキビケア化粧品が登場しているにも関わらず、にきびに悩まれている方が多いのですから、本当に効果があるのか疑問です。

 

前置きは少し長くなりましたが、ここではニキビを治療・予防するための方法を紹介します。

 

洗顔

 

ニキビの原因はアクネ菌による過剰な増殖によってお肌に炎症が起こるからですが、その餌となっているのが「皮脂」「脂」「汚れ」などです。

 

ニキビがよくできやすいのは「アゴ」「鼻」「おでこ」と、脂がでやすい箇所であり、皮脂や角質が溜まりやすい場所です。

 

この汚れや脂・皮脂などをできる限り落としてあげることが、まずは予防となります。

 

通常の石鹸でも汚れなどは落とせるのですが、どろあわわの泡はより細かいので、今までではなかなか取れなかった毛穴の奥の汚れまで吸着してくれるので、にきびになりにくい環境を整えてくれます。

 

たかが石鹸。されど石鹸。

 

石鹸を変えるだけでもにきびができにくくなった方も多いので、悩まれいている方はオススメです。

 

保湿

 

ニキビの原因となる汚れや皮脂を落としても、その後の保湿がしっかりとされていなければなりません。

 

肌は洗顔することで悪いものだけではなく、顔を守ってくれる菌も一緒に洗い落としてしまうので、再度天然のバリア(自分の脂など)が戻るまでの間、無防備な状態が続きます。

 

これをいかに素早く保湿してあげるかがポイントとなります。

 

某有名女優は、お肌の乾燥を抑えるために、濡れている肌の上から保湿するという話をされていました。

 

それくらい肌の乾燥はニキビの敵なので、保湿を抜きにはニキビ治療・予防は語れません!

 

「保湿は少し多いかな?」というくらいが丁度いいので、多めに使ってまんべんなくお肌を保湿してください。

 

睡眠

 

ニキビ予防には洗顔と保湿はされている方も多いのですが、睡眠を侮っている方も多いです。

 

お肌の再生を促しているのは、起きている時間ではなく、寝ている時間です。

 

睡眠中にお肌の再生や修復をしているので、睡眠がおろそかになっているとニキビは治りません。

 

ですから、夜更かしはせず、睡眠はしっかりと取るようにしてください。

 

ストレス

 

「現代人はストレス社会」といわれるほど、普段からストレスを受けやすい環境が整っています。

 

ストレスが強いときにだけニキビができる方も多く、それだけお肌にも作用するものなのです。

 

一般的には運動や趣味などに没頭することで、ストレスが緩和されるといわれています。

 

時間がないときは通勤・通学の帰り道などに、少し遠回りして帰る、または腕を大きく振る・階段を使うなど、工夫をすると運動になるのでオススメです。

 

あとはビタミンCがストレスを緩和することで有名なので、果物やサプリメントなどで補いましょう。

 

まとめ

 

以上がニキビを予防・治療する方法となります。

 

洗顔や保湿はとても大切ですが、ストレスや睡眠不足もニキビを作ることに関与しますので、できれば日ごろの行いを改善されることをオススメします。